FX、外国為替

FXで生活できるか?

FXは24時間もの間いつでも取引を行うこともできますし、レバレッジによってはリターンも大きく、本業よりも稼いでいるという方も少なくありません。そこで思うのが「FXだけで生活していくことができるのか?」ということです。FXで生活している方は実際にいますが、それほど簡単にいくものなのでしょうか? ちょっと考えてみたいと思います。

FX生活で重要になってくるのが収入と税金です。まずは収入から考えてみましょう。FXだけで生活していくからには最低限生活できるぐらいの収入でなければいけませんし、できればそれよりも高い収入を望みたいので、サラリーマンの平均年収よりもやや高いぐらいの収入は欲しいでしょう。そうなってくると月に50万円以上の利益を上げなければいけません。月50万円というと非常に難しいような気がしてきますが、実際にはそれほどでもありません。例えば、証拠金の額が100万円ならば月に50%ものプラスにしなければなりませんが、200万円なら25%で済みますし、500万円なら10%で済みます。

証拠金の額を高くし、一回の取引に使う金額を多くすることにより大きな勝ちがなくても目標額を達成することができます。レバレッジによると思いますが、10%程度なら小さな勝ち5回ほどで達成できますので、50万円というのはそれほど大きな額ではないでしょう。さて月50万円の収入を手に入れたなら次は税金を払わなければいけません。

サラリーマンの場合は毎月ごとに所得税・住民税が引かれていますので問題はないですが、FXの場合はそういうわけにもいきませんので、確定申告の際に所得税と住民税を払わなければいけません。しかも給与所得と違って給与所得控除がありませんので税金が高くなります。さらにここから国民健康保険料、国民年金、家賃、食費、雑費を引きます。
結論としては、FXで生活していくことは預託金の額が多ければ十分に可能で、普通のサラリーマン生活よりも自由な時間を満喫することもできますが、確定申告の際の莫大な税金には気をつける。といったところでしょうか、十分生活していくことは可能だと思います。