FX、外国為替

スワップポイント考察

FXの取引の中でスワップポイントで中期的に資金を増やすのが、割と確実でリスクも少ない方法と言えます。初心者がFXで短期的に資金を増やそうと思うと、かなりの運の要素が必要ですが、スワップポイント狙いならば、いくつかの要点さえ間違えなければほぼ、増やすことができます。その方法ですが、まずスワップポイント狙い向きの通貨ペアを考えます。

一般的に高スワップ通貨として好まれているのは豪ドルAUD、南アフリカランドZAR、トルコリラTRYなどです。 さらに、値動きがオトナシイ通貨ペアを探すのではなく、値動きが荒い通貨ペアをスワップ投資の対象から省くことを考えて通貨を選考すると、メジャーなところでは南アフリカランドZARや英ポンドGBPが消去対象として挙げられます。

すると、一概に言い切れませんが、大体の業者が取り扱っている豪ドル円AUD/JPYやトルコリラ円TRY/JPYあたりがスワップ狙いの投資対象通貨ペアになるかと思われます。 せっかく高スワップを継続的に得られたとしても、ポジションの含み損(元本欠損)幅が大きく、ロスカットにかかってしまうことがあろうものなら全てが台無しになってしまいます。

例えば「1豪ドル=約82円」のとき、1万豪ドルを購入するためには82万円が必要です。この82万円で毎日80円のスワップポイントが付くとすると、1年間で「80円×365日=29,200円」が貰えます。年利は「29,200円÷82万円=約3.56%」と計算できます。さらにこの82万円がなくても、レバレッジを利用すれば、例えば4倍で20万5000円で29200の金利を得ることができます。