FX、外国為替

FX自動売買ソフトという選択

FX自動売買とは、専用ソフトを用いて機械的にFX取引を行うことです。FX取引において利益を創出するには、為替相場の動きを読み、WEBサイト・新聞・専門誌などのたくさんの情報元を持ち、その上で自分なりに予測を立ててトレードする必要があります。しかし、FX初心者には相場の動きを予想しようと思ってもなかなか難しいことであるということは容易に理解できます。

特にFX初心者はデータだけでなく、個人的な感情や思いを取引に持ち込がちであるので尚更取引判断が大きくブレてしまう可能性があります。そうならない為にFX取引を機械的に行うのがFX自動売買です。FX自動売買とはFXシステムトレードともいい、FX取引を専用ソフトを使い自動的に決められたルールに沿って運用する方法です。

FX自動売買では、ソフトが自動的に「売り」「買い」の投資判断をしてくれます。利益が出たらパソコンが自動的に決済をしてくれ、チャートがマイナスになったら、損が大きくなる前に自動的に損切りまでしてくれます。全てソフトに設定しておけばそのルール通りにFX取引を自動売買してくれます。FX初心者にありがちな優柔不断な判断力で決済のタイミングを逃すこともなく、個人の感情に左右されないシステムとしてFX自動売買は活用されています。ですので、メリットは自分のルールを必ず守ってくれること、自分の代わりに取引してくれるので時間的制約がないこと、初心者がよく陥る、慣れる前に軍資金が底を尽くのを回避できるなどです。

逆にデメリットは、相場に上下変動があることにより機能する方法論なので、長期間円高になると下がる度に買い続けたポジションが増えすぎ、含み損が大きくなってしまう可能性があります。また、急激に円安局面を迎えた場合などポジションを取ることができないというデメリットもあるのです。
自分で毎日データを判断するFX投資では、急激な市場の変化に対応することができますが、自動売買の場合対応が難しいこととなります。個人的には自動売買ソフトを使うという選択もありなのではないかと思います。