FX、外国為替

FXのメリットデメリット

先程は単純計算で、手数料を計算に入れませんでしたが、実際にFXで取引にかかる手数料は外貨預金の10分の1程度しかかからないというメリットがあります。FXの持つ最大のメリットは、やはり少ない資金で大きな勝負が挑めるというレバレッジ制度に尽きるでしょう。

外貨預金では、たとえば円安が進みつつあるときに1000万円分のドルを買って投資を行うためには1000万円分の資金が必要でした。これがFXであれば、100万円あれば、1000万円分のドルを運用し、ここに発生した為替差益を手に入れられるのです。

たとえば1ドル=100円のときに1000万円分のドルを買えば10万ドル。その後円安が1円進んで1ドル=101円になれば、10万ドル=1010万円となりますので、10万円分の利益が出ます。外国為替において、一晩のうちに1円変動するということは珍しいことではありません。上手く行けばたった100万円の投資で一晩10万円の利益を期待できる投資、それがFXなのです。

一方デメリットももちろんあります。レバレッジを利用することによるハイリスクです。一晩で10万円の利益を期待できるとはつまり、言い換えれば一晩で10万円の損失を被る可能性があるということです。一晩で10万円を失うというのは一般的な価値観からしてみれば、相当な痛手なので、慣れないうちはレバレッジ3〜4倍くらいをお勧めします。ちなみに最大は25倍まで運用可能です。


最近は企業規模でイベントに参加して話題にのぼるなど活気を見せている記念日「エイプリルフール」ですが、みなさんはエイプリルフールの起源はご存じですか?