FX、外国為替

FXは24時間営業

同じ金融商品である株式取引は日本時間平日9時から15時までが売買時間となっていますが、FXは24時間取引することができます。会社員や自営業の方、育児で時間を割けない主婦でも、FXは世界中のどこかで通貨は売買されていますので、時間に拘束されません。そのため、現在ではシステムトレードによる自動売買も盛んです。

為替の世界では、日本時間の5時にニュージーランドのウェリントン市場で取引が開始されると、7時にオーストラリアのシドニー市場、8時に日本の東京市場、9時に香港市場が開きます。続いて、16時に世界1位の取引量を誇るイギリスのロンドン市場、21時にアメリカのニューヨーク市場となり、どの国も10時間程度は積極的な取引がされ続けます。

特に日本の会社員が在宅している22〜24時は、ロンドンとニューヨークといった大きな市場の商いが活発です。デイトレードなどの短期売買がしやすいため、副業でも人気が集まっています。24時間いつでも取引ができるので、仕込みや売買テクニックなども活かすことができます。さらに手数料が株などの他の金融商品よりも格安ですし、売りができるために円安と円高のどちらでも勝てます。

ネットがあれば簡単に始められ、日本の低金利が有利に働き、レバレッジでリスク分散ができるFXは、時間の融通も利く、人気のある金融商品に成長しました。以上のことからFXは日本人にとってほかの国よりも有利であると言えます。