FX、外国為替

ストップロスの重要性

ストップロスとは、損切り注文のことです。損切りとは損失を確定させることを言います。つまり、損失が進んでいるときに思い切って損失を確定させ、それ以上被害を大きくしないようにする手段です。外国為替取引に関わらず、株式トレードなどにもストップロス設定は最重要と言われています。

株式市場の場合、取引時間は決められていますが、外国為替市場は24時間動いており世界各地での出来事などに敏感に反応し、時には大きな下落・上昇が起こります。毎日24時間休み無くレートを見ていることは不可能で為替市場において損切り注文を出していないと予想もしていない程の大きな損失を被ることになるかもしれません。

しかし、損切り注文を出しておく事によって損失は限定されます。損を確定させ、気持ちを切り替えて次のトレードに集中するという意味でも重要です。損切りは早く、利食いは遅く、というようなことは時々聞きますが、これが簡単なようでなかなか難しいようです。損切りを早くし損失を最小限に抑えて、利益がのっている時はすぐ利食うのでなく利益を伸ばすという心掛けが必要なようです。

FX会社には大抵このストップロス設定がついています。いざという時、ご自分の判断ではどうしても損切りができないとき、あらかじめ設定しておいたストップロスが損切りを確定してくれます。損失がでている時は、とても冷静な判断ができないというのはよく言われることです。そのためにストップロスを冷静な時に設定しておくことが大切です。